2018年1月15日月曜日

Quiche revisitee 新型キッシュ

マルコさんのレシピです

http://www.marco-cooking.com




パルメザン50g  薄力粉90g  
バター60g  塩1g 胡椒1g
卵黄1個 



全卵3  生クリーム40g
ベーコン30 +20
飾り用野菜 少々  バター少々  
胡椒、少々

パルメザン40g、小麦粉、バター、卵黄以外を 手で混ぜる


捏ねすぎるとバターが溶けるので注意する

 卵黄を入れてからさっと混ぜる
捏ねすぎると硬いクッキーになるので捏ね過ぎないことを注意する

 ラッピングして冷蔵庫で最低30分寝かせる
このレシピは18枚できます

180度で12分焼きます
夏はクッキーに乾燥剤を乗せておく
焼いた後、鉄板に乗せたまま冷やす
 30gのベーコン、両面焼く
みじん切りする
卵3個、生クリーム40g,パルメザン10g,塩胡椒、焼いたベーコン、
これらを全部ボウルに入れてかき混ぜる



 卵焼き用のフライパンにバターを塗る。

焼き色をつけないで焼くため
弱火。
 熱いうちにラッピングして
丸く形成する


 常温になったら切る(9カット)
卵焼きをクッキーに載せるのは食べる直前に
(クッキーは前日に作り置きすると良い)


ベーコンとチーズが基本のレシピです
茹でたほうれん草や、茹でた干しホタテもおすすめ

2018年1月13日土曜日

Gateau Magique ガトーマジック

マルコさんのレシピでガトーマジック
http://www.marco-cooking.com

この料理は二つの食感を楽しめるマジックなスイーツです
プリン風でもありスポンジケーキの味わいも両方ある不思議なスイーツです

全卵4  グラニュー糖120g  
ヴァニラ1 水5g 
牛乳500g
 バター125g
薄力粉115g  塩1  
粉糖 適量

このレシピは半分量でもOK

オレンジの皮を用いることも良い
その場合は皮の白い部分は入れずにピールを牛乳が冷たいうちに入れて、90度に温めて、10分経過したら、その後ピールは抜いて捨てる。


鍋に入れた牛乳に漉しとったヴァニラを入れて90度まで温めて10分間おく。ヴァニラの風味を牛乳に留めるためである。
10分経過したらバターを投入して温度を下げる

バニラエクストラクトを使用の場合は50度でok

ここで余談だがバニラは蘭 の花からできているそうです
バターを一気に入れてそれが適温となる

全ての作業を終えていて卵白を立てるのは最後

冷やし置いた卵白に塩をひとつまみ入れてツノがしっかり立つまで泡立てる

卵白を泡立てる時、すでに卵黄、粉、砂糖を混ぜる作業は終えてること。
バター、牛乳、バニラの温めも終えてること。
 卵黄に水5を注ぎ混ぜる
そこに小麦粉と水で伸ばした卵黄と砂糖の半分量ずつを入れかき混ぜる。
そこで全部混ぜて硬いと感じたら水を少量入れる。


それにバニラとバター風味の牛乳を半分入れて混ぜる。
軽くかき混ぜ、その後
残りの半分を入れてかき混ぜる。


 そして卵白に混ぜる
最初は少し
注:混ぜすぎない


 バターをひいたバットに注ぎ
150度50分焼く
必ずバターを塗るのを忘れずに!
25分経過したらオーブンの中を確認して焼き色がすでについていたら10度下げる
そして必ずオーブン内のポジションを変える 
半分量で作る場合も50分は焼く

焼いたのち2時間は冷やす
粉砂糖を振り完成!二層の味わいが楽しい!ボナペティ^^

2017年12月17日日曜日

Pates aux tomates roties ローストトマトのスパゲッテイ

マルコさんのレシピです
 http://www.marco-cooking.com


ミニトマト300g  オリーブオイル20 、10、 20  ベーコン50 玉ねぎ50
にんにく3g  バルサミコ5g   塩  一味(少しパプリカ)
好みのパスタ320g  イタリアンパセリ 少々



まずトマトを焼く
皮が焦げるのを防ぐためオリーブオイルをトマトに絡める
180度で15分オーブンで焼く
塩胡椒はしない


にんにくが乾燥するまでゆっくり火を消したりつけたりしてゆっくり炒める。にんにくが半透明になり、鍋で踊ったら火を止める
海水より薄く塩を入れる
中サイズのスプーンで3杯くらい
鍋にヘラを乗せると湯が噴かない
にんにくを炒めたら、玉ねぎベーコン炒める
唐辛子も。
仕上げにバルサミコ入れます
レードルいっぱいのゆで湯を入れて煮込む(80-100cc)

煮てからトマトを入れる
パプリカがあればここで。



パスタを茹でたらオリーブオイルを絡めて
完成      ボナペティ^^

2017年12月15日金曜日

マヤウブド リゾート&スパの記憶 5

パッションフルーツモヒート
ストロベリーモヒート・生のいちごでしたよ
 http://www.mayaresorts.com



BARでモヒート。
何々フルーツの邪道なモヒートと思いつつ、しかし、かなり美味しくて驚き。ツマミにオーダーしたオリーブがまたクオリティー高いんです。



ナプキンのあしらいが素敵
かなり引きこもりの日々でルームサービスでのディナー、お味良し
帰国のフライトは深夜の大韓航空利用なので  departure roomがあるのは大変助かりました。ここでシャワーを使い出発の支度がゆっくり。タオルもお部屋の物と同じクオリティーというのは嬉しいサービスです。

マヤウブド リゾート&スパの記憶 4

 毎朝7時からのヨガは、このヨガスタジオで
(ビギナー対象)

http://www.mayaresorts.com




ヨガスタジオの正面はゴルフの練習場。
ワンホールでバンカーもありました。右手の段々になった上がホール。
ヨガの指導してくれたワヤンさん。

ワヤンさんはアシュタンヨガのコーチで、他のヨガのコーチもおられます。私が滞在した時は二人のコーチが日替わりで指導でした。ワヤンさんは明るいキャラでもう一人は哲学的な雰囲気を醸す静かな方でした。
午後3時からのピラティスは週に2回開催です。
ホテルのエントランス

夕暮れの景観

広い敷地の夕暮れ

マヤウブド リゾート&スパの記憶 3

渓谷という地の利を生かしたランドスケープ

二つプールがあるのですが、こちらのプールは
渓谷を流れる川のせせらぎ、野鳥のさえずりやリスの木登りを眺めながら過ごす場所としてはウブドの数多のホテルの中でもかなりの環境であると思われます。

そしてマイナスイオンたっぷり。


http://www.mayaresorts.com
こんな素敵なプールサイドにゲストは毎日、自分だけ。アグン山が落ち着いてゲストが戻ってきたら場所取りはかなり厳しいのかもしれません。
さり気なくゲストに静寂を促すサインが素敵、左側に木彫りで『お静かに』のサインボード。       こちらのプールはお子様は利用できません。大人の場所です


至る所にさり気なくセンスの良い花のあしらいがあり感激します


地形は高低差が大きいのでエレベーターを利用してプールとスパに向かいます。エレベーターホールの前にはガネーシャが祭られ、足元には米の苗が植えられてホテル・ガーデナー達のやる気が偲ばれました
レセプションに近い場所にあるロビー